お店の宣伝するならのぼり旗

効果が高いのぼり旗


のぼり旗は、用途によって、様々なものを選んだり
作成することが出来ます。

のぼり旗

既製品でも間に合う場合には、費用的に安く済みます。

凝ったのぼり旗をオリジナルで作成したい場合には
のぼり旗を専門に扱う業者と相談をして、効果のあがるようなものを作成します。

のぼり旗の業者のホームページには実績例が多く掲載されています。

それらに目を通し、自分達が希望するのぼり旗をイメージします。

オリジナルで作成する場合には、業者が今までに手がけた
実績例を見ると、イメージがわきやすくなります。

好みのものが見つかり、もう少し手を加えたいといった場合は、
注文説明をしやすくなります。

業者の意見や説明も聞き、イベント等、何の目的で
のぼり旗を製作するのかを、はっきりとわかりやすく表現します。

わかりやすいのぼり旗は、人を呼び込みやすくなり、
イベント等の効果があがるようになります。

お店の宣伝

せっかく製作する場合には、なるべく効果があがるような
デザインや色、染料の種類を選ぶようにします。

また、旗を置く場所等についても、よく考慮に入れておきます。

環境にマッチしたようなものを製作することが必要なこととなります。
さらに、大きさについても、いくつか紹介されていますので、
置く場所に合ったものを選ぶようにします。

また、何本もののぼり旗を置くことも、効果的です。
広さに応じて、数量を決めることも、イベントの前には
必要な仕事となります。

業者は、電話、メール、ファックス等で、
相談しやすいところに依頼をするようにします。

 

広告戦略で押さえておきたい!消費者の購買行動「AIDMA(アイドマ)の法則」

消費者が購買行動を起こすまでには、5つの段階があるといわれています。

所謂「AIDMA(アイドマ)」の法則といわれるもので、商品を販売する側が広告戦略を立てる際の基本となる法則です。
AIDMAとは、Attention(注意)・Interest(興味)・Desire(欲求)・Memory(記憶)・Action(行動)の頭文字を取った造語です。

まずは、顧客にこちらが売りたい商品を認知してもらわなければなりません。
そのためにも「のぼり旗」まどの広告アイテムを効果的に使って注意を引くことが重要になってきます。

次に、その商品にはその顧客にとってどんな利用価値があるのかを知ってもらい、興味をもってもらわなければなりません。
そのためにもお店のスタッフが、顧客の今の悩みなどを知りニーズに合った商品説明がなされる必要があります。

その顧客ニーズに商品の利用価値がマッチすると、「その商品が欲しい」という欲求が生まれることでしょう。
一旦は考えさせてほしいとお店を出るかもしれませんが、効果的な印象付けができていればその商品は顧客の記憶に残っており、毎日の生活の中である不便性を感じてい瞬間などにその商品のことを思い出すようになれば、購入に至るまであと一歩です。
数日後にその顧客がお店を訪れた際に、悩みを解消してあげるような背中を押す言葉をかけてあげると迷いが無くなり購買行動に結びつく可能性が高まります。